小中高等学校の不登校対策

学校へ行かなければ、と不登校になったお子さんは悩みます。しかし、子どもが元気になれば自立して自分のこれからを決めて行動することができます。

サイトトップ > 不登校の相談窓口 その1

スポンサードリンク

小中高等学校の不登校対策

不登校の相談窓口 その1


子どもが不登校になった時、親はどう子どもと接していいのかわからなくなります。文部科学省においても不登校や引きこもりは社会問題として取り上げられており、不登校対策は急務とされています。 子どもが不登校になった時、誰かに相談したいと思うものですが、どのような相談窓口があるのでしょうか。


不登校や引きこもりは大きな社会問題となっているため、現在、様々な不登校や引きこもり、いじめなどの相談窓口が設けられています。


学校においては、担任や学校教諭の他、養護教諭、スクールカウンセラーなどに相談することが考えられます。 担任や教員の家庭訪問や、保護者との連携を取りながらのコミュニケーションを通じ、不登校となった子どもが再び学校へ行けるように対応を考えます。 不登校となった子どもが教室に行くことができず、保健室登校を行うことが多くなっている現在、不登校対策には養護教諭と不登校児童・生徒との関係が大きく関係してきます。 養護教諭は児童・生徒の保健管理だけでなく、教育相談に関わることが多くなっています。 そして、養護教諭とスクールカウンセラーとの連携も不登校対策には重要です。 小学校や中学校にいるスクールカウンセラーは子どもや保護者の相談にじっくりと耳を傾けてくれるひとりです。 学校のおける相談窓口をまず活用して、学校との連携を考えることは大切です。


不登校専門の家庭教師もまた、相談できる相手の1人です。 勉強だけでなく、相談やサポートができる家庭教師を選ぶことも1つの選択肢となります。


小中高等学校の不登校対策

MENU



スポンサードリンク