小中高等学校の不登校対策

学校へ行かなければ、と不登校になったお子さんは悩みます。しかし、子どもが元気になれば自立して自分のこれからを決めて行動することができます。

サイトトップ > サポート校

スポンサードリンク

小中高等学校の不登校対策

サポート校


不登校となった子どもが高校進学を目指すとき、通信制高校は選択肢の1つとなります。通信制高校は基本的に自主学習が中心となります。そのため、自分で勉強を行っていくことに不安を持つ人も多くいます。 集団生活に慣れるためにも、人との関わりを持ちながら学習したいと思う人もいます。 このように通信制高校で勉強する人に学習面でサポートするのがサポート校です。 サポート校で勉強を補足してもらいながら、通信制高校卒業を目指します。


また、総合学園ヒューマンアカデミー高等部のように通信制高校(ヒューマンアカデミー高等学校)+専門高という形を取っているサポート校もあります。 高校と専門校を同時に卒業することができます。


家庭教師のトライが行っているトライ式高等学院もまた通信制高校のサポート校です。 提携の通信制高校に同時入学することで、高卒の資格を目指すことができる仕組みです。 教室だけでなく、自宅や仕事場にも先生が来て授業を受けることができます。 不登校で自宅から出るのが苦手な人や人が多い場所が苦手な人でも先生と一対一で勉強ができます。 このトライ式高等学院だけでなく、家庭教師を派遣するタイプのサポート校は他にもあります。


通信制高校のサポート校としての機能だけでなく、高等学校卒業程度認定試験(高認)合格を目指したりや大学進学を目指すサポート校もあります。


サポート校を選ぶ場合には、子供の目的に沿った学校を選ぶことが必要です。 不登校や高等学校卒業程度認定試験に関する相談も受け付けているので相談体制を確認することも大切です。


小中高等学校の不登校対策

MENU



スポンサードリンク